下腹のぽっこり悩みに効果的なラクラク筋トレ

下腹のぽっこり悩みに効果的なラクラク筋トレ

たとえ便秘でなくても、下腹がぽっこりしてしまう……このような悩みを抱えている女性は意外に多いものです。

 

下腹の厄介なぽっこりは、腹部の筋肉が足りなくて脂肪が緩んでしまい、前へとせり出してしまうことが原因となります。これを解消するにはやはり筋トレが欠かせませんが、腹筋などは女性の体力には負担が大きく、結果的に長続きしなくなります。では、女性にもできる下腹痩せに効果的なラクラク筋トレとはどのようなものでしょうか。腹筋の女性バージョンとして「クランチ」という筋トレ方法が近年注目されています。

 

腹筋のように腰を痛めにくいので、健康面でもクランチはおすすめです。

 

具体的なやり方は、まず腹筋のように仰向けになり、手を胸部か耳の後ろに置きます。そして足を高く上げ、地面とふくらはぎが平行になるように膝を直角に曲げます。次に、腹筋のように頭を膝のあたりまで持っていくのではなく、腹部が見える位置まで上げます。このとき、ダンゴムシのように背中を丸めながら頭を上げるイメージで行うと、効果が出やすくなります。

 

頭を上げたときに下腹部がプルプル震えるのがわかると思いますが、この震えるのはインナーマッスルが刺激されて疲労している証拠です。

 

疲労した細胞を修復するときに、細胞がより強固になりより強い筋肉ができあがるのです。これを5〜10回ほど繰り返すのを、一日2〜3セットほど(できる人はもっと回数を増やしてもOKです)行うと、下腹部がぐっと引き締まります。上半身全部を起こす腹筋と比較して、クランチはその半分だけ起こせばよいので、腹筋ができない筋力のない女性でもほぼ問題なくダイエットができるのが利点です。

 

私も腹筋ができない人間ですが、クランチはさほど辛くならないので、途中で嫌になったりせず長続きして行えています。下腹の嫌なぽっこりに悩んでいる女性は、ぜひクランチを実践してキュッと引き締まった美しいボディーを手に入れてみませんか?