プロテインの種類と効果の高い飲み方

プロテインの種類と効果の高い飲み方

筋トレを行った際、筋肉を構成する筋繊維はダメージを受けてしまいます。

 

トレーニング

 

そのダメージを受けた筋繊維を、体内のたんぱく質を消費して以前よりも太く強いものにすることを一般に「超回復」と言います。

 

この「超回復」を効率よく行うために、プロテインを摂取するのが効果的なわけですが、そもそもプロテインはどのタイミングで摂取するのが良いのかをこれから説明していきたいと思います。

 

プロテインを摂取するタイミングとして代表的なのは

 

  • 筋トレを行った1〜2時間後まで
  • 筋トレを行う1〜2時間前
  • 就寝前
  • 起床後

 

などが挙げられます。

 

まず一つ目の、筋トレを行った1〜2時間後までですが、この時ダメージを受けた筋肉では超回復が行われており、その際大量のたんぱく質が必要となります。

 

特に運動後30分までは「ゴールデンタイム」と呼ばれ、このタイミングでプロテインを摂取するのが、最も効果的と言えるでしょう。

 

二つ目の、筋トレを行う1〜2時間前ですが、人間の体は空腹時に運動を開始しようとすると、まず脂肪分などではなく筋肉を消費した後に、たんぱく質からエネルギーを得ようとします。その際にプロテインを飲んでから運動を開始すれば、筋肉が消費されエネルギーに変えられるのを防ぐことができます。

 

三つ目、四つ目の、就寝前、起床後もやはり筋トレを行う1〜2時間前の摂取と同じ理由で、空腹時に筋肉が消費されるのを防ぐためにプロテイン摂取を行うのが良いとされています。

 

さて、ここまでプロテイン摂取のタイミングについて説明させていただきましたが、次はプロテインの種類についても解説していきたいと思います。

 

プロテインには、大きく分けて「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」といった二種類が存在します。

 

まず、ホエイプロテインの特徴としては、体内への吸収が早いといった点が挙げられます。この特徴から、筋トレ直後に飲むのが最も効果的とされています。
一方、カゼインプロテインの特徴としては、ホエイプロテインとは対称的に、体内にゆっくりと吸収されるといった点が挙げられます。

 

このことから、就寝前に摂取するのが消化管への負担も少なくよいとされています。

 

以上のことを意識しながら筋トレを行えば、より高い効果を得られるでしょう。