炭水化物(糖質)オフダイエットの楽しいやり方

炭水化物(糖質)オフダイエットの楽しいやり方

炭水化物(糖質)オフダイエットで私は約10kg痩せました。期間は七ヶ月。具体的な方法をご紹介いたします。

 

朝は基本的に卵とソーセージと納豆。(白米は食べません)昼は普通に定食屋さんでランチ(その際にご飯は半分にしてもらいます。)夜もご飯は半分で肉は普通に食べていました。ポイントとしては白米を減らした事と、お酒を飲む場合はビールではなくて焼酎にしたことです。もしビールを飲みたい場合は糖質オフにしました。しかし、夕方になると小腹が減ったりしますのでそのときは思い切ってコンビニでから揚げを買って食べていました。

 

動物性たんぱく質をとるのです。これで心理的なストレスを減らすことが出来てよかったです。なにしろ私はお肉が大好きですので通常の「なるべく肉を食べない。」というダイエットは性に合わないことは分かっていたので助かりました。また、お酒も糖質を多く含むビールは避けて焼酎に変えたのでお酒によるストレス解消も出来ました。もともと私は走る習慣が少しあったのですが、体が重くて怪我をしやすく、怪我をすると走れずにまた太るという悪循環でしたのでそれを抜けることが出来たのも大きいメリットでした。

 

ストレスがなく体重が減っていくと走ることも楽しくなっていきます。これからこのダイエット方法をする人にはまずは前述の食事方法に変えながら少しづつ歩き始めることをオススメします。そうすると更に健康的にストレスも抑えつつ体重を減らすことが出来ます。ただ、どんなダイエットにも言えることですがあまりやせることに意識を持って行き過ぎるとつらくなっていきます。

 

ですので「白米を減らしてお肉をその分食べる」ということに意識を向けて毎朝体重計に乗り、少しづつ歩けば自然に体重は減っていきます。痩せようとするのではなくて食事の方法を変えて運動の習慣をつけるという風な意識に自らを持っていきましょう。そうすればその結果として自然と体重は減っていきます。ということで炭水化物(糖質)オフダイエットの楽しいやり方のご紹介でした。これを読んで頂いているあなたが健康で楽しく痩せられることを願っております。